三重県四日市市山下歯科(歯科・小児歯科) マタニティ予防歯科

お母さんと赤ちゃんの
健康のために
妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりの影響で、
歯周病や虫歯などお口の中の様々なトラブルが起きやすい時期です。
歯周病は血液を介して胎児にも感染し、
早産や低体重児出産のリスクを高める原因となるなど、
お母さんのお口の健康はお腹の赤ちゃんの健康にも影響してしまいます。
また、つわりによる嘔吐や体調によりいつも通りのセルフケアができないなど
不安やお困りの事がある方も多いと思います。
安心・安全な出産のためにも、四日市市 笹川通りの山下歯科・矯正歯科へ
いつでもお気軽にご相談ください。

妊娠中に起きやすいお口の
トラブルとセルフケア方法

*
妊娠中はお口の病気にかかりやすくなります
妊娠中はつわりがひどくて歯磨きができなかったり、ホルモンバランスの急激な変化などの影響で病気にかかりやすい口腔環境になってしまうことが多いです。
妊娠中のお母さんのお口の環境は、生まれてくる赤ちゃんの健康にも影響を及ぼします。早産・流産や低体重児出産のリスクを高めるだけでなく、生まれてきたお子さんが虫歯にかかりやすくなることも分かっています。
ご自身はもちろん、お腹の赤ちゃんの健康のためにも、無理をせずできる範囲で効果的なセルフケアを心がけましょう。
  • 虫歯・歯周病
    つわりの影響で歯磨きなどのセルフケアがしっかりできないことや、嘔吐による胃酸が原因になり歯の表面が弱くなることで汚れが付着しやすくなり虫歯や歯周病になりやすい口腔環境になります。
  • 妊娠性エプーリス
    歯茎にできもののようなふくらみができる症状です。
    腫瘍のように見えますが、ほとんどの場合は良性で出産が終わると元に戻るため取り除く必要はありません。
  • 妊娠性歯肉炎
    妊娠による女性ホルモンの増加が原因で歯茎が赤く腫れたり、出血したりする症状です。
    通常の歯肉炎や歯周病のように自覚症状が少ないため、注意が必要です。
こまめなケアでお口のトラブルを
防ぎましょう
  • 朝起きたらまずは歯磨き
    寝ている間は唾液の分泌量が低下し、口腔内の細菌が増殖します。朝起きてすぐに歯磨き・うがいをすることで、お口の中を清潔にしましょう。寝る前や食後にも、こまめに歯磨きをすることも大切です。
  • こまめなうがいで予防ケア
    つわりで吐き気がひどい時などは、無理に歯磨きをせずうがいでお口の中の汚れを洗い流しましょう。フッ素入りの洗口液を使うと虫歯や歯周病予防により効果的です。つわりが落ち着いたら、うがいだけで済ませずしっかり歯磨きをしましょう。

妊娠中の治療はいつ受けるべき?

*
妊娠中の治療は安定期に受けましょう
妊娠がわかったら、まずは一度歯科を受診していただくことをおすすめします。
しかし、治療を受ける時期には注意が必要です。外部からの影響を受けやすく不安定な妊娠初期、お腹が大きくなり移動も大変な妊娠後期に治療を受けるのは避け、妊娠中期の「安定期(妊娠5〜7ヶ月)」に受診しましょう。
  • 妊娠初期
    4ヶ月(15週)まで
    妊娠してから4〜8週目までは、治療を特に慎重に行い、12週目までは治療計画のご提案やブラッシング(歯磨き)指導までにとどめるようにしています。急を要する症状には応急処置を行い、適切な処置は安定期から行います。
  • 妊娠中期
    5〜7ヶ月(16〜27週)
    胎盤が完成し流産のリスクが低下する時期です。また、つわりも治り始めるので、この時期には通常の歯科治療のほか、投薬やレントゲン撮影も可能になります。胎児・母体への影響に細心の注意を払いながら、治療を行います。
  • 妊娠後期
    8ヶ月(28週)以降
    妊娠後期はお腹が大きくなり、診療チェアに仰向けに横たわるのも辛い上に、この姿勢は静脈が圧迫され血圧が低下する恐れがあるため、この時期にも本格的な治療は行わないようにします。治療が必要な場合は、出産後に改めて再開します。

マイナス1歳=生まれる前からの
予防歯科

*
生まれたばかりの赤ちゃんのお口は無菌状態
生まれてすぐの赤ちゃんのお口の中は虫歯ゼロの無菌状態です。ご家族などの周りの大人から虫歯菌に感染するのです。
早いうちに虫歯菌に感染すると、その後虫歯になりやすくなるという報告もあるので、周囲の大人の方が定期歯科検診を受けるなどして、虫歯菌をうつさないように特に注意が必要です。
2歳児の虫歯発生率
お母さんの虫歯がお子さんの虫歯リスクにつながる
グラフから分かるように、母親に虫歯があるとお子さんの虫歯リスクが高くなってしまいます。お子さんのお口の健康を守るためには、まずお母さんのお口が健康であることが望ましいといえます。
将来のお子さんのお口の健康を守るためにも、四日市市日永西の歯医者 山下歯科・矯正歯科で定期的に歯の検診やクリーニングを受け、赤ちゃんが生まれてくる前からの予防歯科を実践しましょう。

妊娠中の受診にあたって

*
ご来院の際には母子手帳をご提示ください
産婦人科から注意を受けていることなど、些細なことでも必ず歯科医師へお伝えください。歯科ではお口周りの治療を行いますが、全身に影響する場合もあります。
なるべく負担を軽減できるよう配慮して診療を行いますが、体調や気分が悪くなった場合はお気軽に近くのスタッフまでお声がけください。

妊娠中の治療について
知っておきたいQ&A

  • 妊娠中のレントゲン撮影は赤ちゃんに影響しませんか?
    歯科で使用するレントゲンではお口に焦点を当てて撮影します。レントゲン撮影の被ばく線量も少なく、撮影時にはX線を遮断するための防護用エプロンを着用していただきますので、お腹の赤ちゃんにはほとんど影響しませんのでご安心ください。
  • 治療の際の麻酔は赤ちゃんに影響しませんか?
    治療部分だけに作用する局部麻酔を行いますので、通常の量の使用でしたら母体・胎児共に影響は及ぼしません。麻酔をせずに痛みを我慢することでストレスがかかってしまい、その方が問題になることもありますので痛みを感じる場合はすぐにお伝えください。
  • 妊娠中に処方されたお薬を飲んでも大丈夫でしょうか?
    基本的に妊娠中にはなるべくお薬の処方を控えていますが、処方する際には妊婦さんの妊娠時期・状態・体質に合わせて、安全性が高いと認められているお薬を処方していますので、ご安心ください。
  • 授乳中ですが、歯科治療の母乳への影響はありますか?
    麻酔、レントゲン撮影を含む一般の歯科治療が、患者さんのお身体や母乳に影響することはありません。処方するお薬はお伝えしたタイミングを守って服用していただき、お薬が対外へ排出されてからの授乳をおすすめします。
診療案内
歯科・小児科のご予約・お問い合わせ
tel:0593462810
山下歯科(歯科・小児歯科)診療時間

休診日:木曜・日曜・祝日

  • 土曜午後は17:00まで

四日市あすなろう鉄道(旧 近鉄内部線)「南日永」駅より
徒歩約5分
*駐車場16台完備

グーグルマップで詳しく見る